Glucosamine

最近注目を集めているグルコサミン【成分の特徴を徹底解説】

美容や健康に機能する成分

飲みやすくて便利な成分

サプリメント

サプリメントや美容成分は大量に流通していますが、これからもたくさん生産されるでしょう。余りにも多くの成分や健康食品が姿を見せると、消費者は何を選んで良いか分からなくなる時はあります。その時は、過去にどんな成分が流行ったか、ピックアップして羅列すると狙いを定めやすくなるでしょう。一時期に流行った『グルコサミン』がありますが、エビや一部の海の生物から得られる成分です。アレルギーを持たない人は飲む事ができる健康成分であり、関節トラブルに機能しやすい特徴があります。しかし、『グルコサミン』は節々の悩みに作用するだけではなく、美容にも効果的です。その理由は、『グルコサミン』を飲むと体内ではヒアルロン酸に変換される傾向もあり、肌や全身の水分量を上げたり、乾燥肌の悩みを緩和させたりする働きかけがあります。現実的に食用のヒアルロン酸は値段が高めで、いわゆるコストパフォーマンスが良くない成分です。肌や身体に対してはメリットだらけですが、価格は安いとは言えないため、続けて飲むのは難しいと判断されても無理はありません。しかし、『グルコサミン』は原価が非常に安いため、たくさん購入しても、経済面に影響を与えにくいと言えます。アレルギーさえなければ、『グルコサミン』入りのサプリメントをたくさん飲んで、ヒアルロン酸に変換させる事ができます。副作用は目立ちません。強いて言うならエビやカニアレルギーを発生させるデメリットがあります。

若い世代でも評判

服用

ひざなどの関節の痛みや、動きを滑らかにする効果を望めることから、グルコサミンのサプリが人気になっています。毎日元気に歩くことは健康の源ですが、日々の歩みをサポートしてくれる健康食品として、グルコサミンのサプリが注目されているのです。そのこともあり、グルコサミンのサプリはご高齢の方はもちろん、若い世代の方でも利用者が増えています。今のハツラツとした歩きを続けたい人をはじめ、痩せている方に比べてひざへの負担が大きい太り気味の人からも、グルコサミンのサプリが支持されているのです。関節痛の治療として、病院では軟骨成分を主体とした注射なども行われていますが、グルコサミンのサプリなら、飲むだけでそれと同じ効果を期待できることも利用者が多い理由になっています。自宅はもとより外出先でも飲めますから、手軽に続けられるのもメリットです。一方、グルコサミンはカニや海老といった一般食材にも含まれているため、食事から摂取することもできます。ですが、毎日カニや海老を沢山食べることは現実的ではなく、しかもグルコサミンの素になる成分は殻の所に多く含まれており、可食部分でないのが難点です。たとえ殻を沢山食べましても、あまりグルコサミンを補えないこともあり、摂取効果は薄いとされています。普段の食事では摂取するのが難しい成分ですから、効率的に摂取できるサプリが好評になっているのです。また、グルコサミンは年齢と共に体内で減りますので、その補給のためにも上手にサプリを活用しましょう。

主な働きとは

ジョギング

健康食品の成分としてよく耳にするグルコサミンは、私たちの関節をスムーズに動かすために無くてはならない成分の一つです。私たちは関節があることによって手足や腰をスムーズに動かすことが出来ます。関節は硬い骨同士で繋がっていますが、その骨と骨の間には軟骨と呼ばれる骨よりも柔らかい部分があります。軟骨がクッションの役目をしてくれているおかげで関節がスムーズに動いているのです。その軟骨に含まれている成分の一つがグルコサミンです。グルコサミンはブドウ糖とアミノ酸で形成されているアミノ糖と呼ばれている物質の一つで、軟骨を形成しているプロテオグリカンと呼ばれて成分の原料となっています。グルコサミンの主な働きは軟骨がすり減ったり損傷したりしている部分の補修です。また軟骨自体を強化してくれる役目も持っています。関節をスムーズに動かすためには必要不可欠な物質の一つだと言えます。グルコサミンは体内で生成することが出来るものの、年齢とともに体内で作られる量が減少していきます。すると軟骨の損傷を補修できなくなって軟骨がどんどんとすり減っていきます。高齢になると関節を傷める人が増えるのはグルコサミンの減少によって軟骨がすり減り、骨同士が直接触れているからです。グルコサミンはエビヤカニの甲羅部分に多く含まれていると言われていますが普段の食事でこれらをたくさん食べて一日の必要摂取量とされている1500mgを摂取することはほぼ不可能です。グルコサミンを手軽に摂取するためにはサプリメントによる摂取が最も有効です。