Glucosamine

最近注目を集めているグルコサミン【成分の特徴を徹底解説】

関節の大切な成分

きちんと摂取するには

男女

体の中にある関節は骨同士がつながっている部分のことを指します。硬い骨と骨の間には軟骨があるので、骨同士が直接こすれ合うのを防いでいます。難なく歩いたり運動できるのはこれのおかげでもあるのです。人間が活動するには欠かせない部分となります。大切な軟骨の生成を促すのがグルコサミンという成分です。ブドウ糖とアミノ酸が結合したアミノ糖という物質となり、軟骨を構成する成分原料となります。軟骨のすり減りや損傷を補修するなど健康をサポートしているのです。グルコサミンは体内で自然に作られますが、年を取るにつれその量も減少します。そのため、軟骨がすり減ってもすぐには修復や再生ができません。関節の動きを支えるクッションが少なくなるので、骨同士がこすれ合って関節の痛みを感じるのです。食べ物として摂るなら、主にエビやカニの甲殻類の殻に多く含まれています。しかし、エビやカニの殻を毎日食べるには限界があります。他にオクラ・山芋・フカヒレなどにも含まれますが、これらは食べた分だけ体内で全て吸収されるわけではありません。グルコサミンは食事から摂取するのが難しい成分といえるでしょう。最近では、グルコサミンを手っ取り早く摂取したい方向けにサプリメントが販売されています。決まった量を毎日飲むだけなので気軽に始められます。ただし、関節痛に良い効果を実感するにはある程度の時間がかかります。関節や軟骨のためにもできるだけ早くサプリメントを始めた方が良いでしょう。

関節の保護に役立つ

男性

肘や膝などの関節痛に悩まされている時には、ただ湿布などで痛みを軽減しようとするだけでなく、グルコサミンのような栄養素も頼るようにしてください。非ステロイド系の消炎鎮痛剤と同じような効果がある栄養素として、グルコサミンは多くの研究者から注目されています。関節の炎症に悩まされている人は、身体の内部から炎症に対処するために、グルコサミンを定期的に摂取する事を考えてください。鎮痛効果が期待できるだけでなく、関節の軟骨を修復する効果も期待されており、高齢者とも相性の良い栄養素です。年齢を重ねるごとに関節の軟骨が磨り減っていき、気付いた時には大きな関節痛に悩まされる事になってしまったという人も少なくありません。日頃からウォーキングの運動をして筋肉を鍛えているだけでは、磨り減った軟骨が元通りになってくれない可能性もあります。軟骨の修復能力を高めるためにも、日頃からグルコサミンなどの栄養素を摂取する事で、運動に耐えられる関節や軟骨を作り上げてください。グルコサミンは甲殻類生物の殻などに多く含まれており、食事だけで大量に摂取するのは難しいです。現在ではサプリメントを服用する事によって、グルコサミンを摂取量している人も増えています。普段の食事で十分にグルコサミンを摂取できているのか、一度確かめてからサプリメントを購入するべきか考えてみてください。サッカーなどの関節に負担をかけやすいスポーツを続けている若い人も、グルコサミンを摂取する事を推奨します。

摂取マナーを確認

服用

サプリメントなどの健康食品は、毎日続けてこそ効果を実感できるものですので、まずは「続ける」という事が大切です。関節痛対策として人気のグルコサミンサプリメントも、続けてこそ違いを実感できるものなので、最低でも数か月程度は続けて摂取してみましょう。毎日、服用する事になるグルコサミンサプリメント、間違った摂取をしてしまうと効果が薄れたり、体に負担がかかったりしてしまいます。これからグルコサミンサプリメントを試してみようと考えている方は、摂取マナーを事前にチェックしておく事がおすすめです。サプリメントや健康食品は医薬品ではないため、服用するタイミングなどは決められておらずグルコサミンサプリメントも基本、いつ服用しても良いと言われています。ただ、空腹時にサプリメントを摂取すると、胃や腸に負担がかかってしまう事も多いため、心配な方は食後の服用がおすすめです。面倒だからと1日に必要な量を一気に服用してしまう方もいますが、より長くグルコサミンを体内に留めたいなら、こまめに分けて服用しましょう。例えば、1日に12粒の服用が規定量だった場合、朝・昼・夜に4粒ずつ分けて服用すれば、1日中グルコサミンを体内に留める事が出来るのです。一気にサプリメントを服用するのも、胃や腸にとっては負担となりやすいので、こまめに分けての服用した方が安心と言えます。サプリメントは水や白湯で飲むのが基本で、コーヒーやお茶といったカフェインを含んだ飲み物で、服用しないようにしましょう。基本的な摂取マナーを確認しておけば、体に負担をかけずにグルコサミンサプリメントを毎日、続ける事が出来ます。